ノロウイルスの予防には次亜塩素酸が良い?作り方と使い方まとめ

スポンサーズリンク

この記事は4分で読めます。

ELFA_IMG_1539

 

最近、大手メディアを中心に免疫が効かない新型のノロウイルスが登場したというニュースが報道されていましたね。一度かかると苦しいノロウイルスですが、普通の消毒液や加熱では十分に消毒できない恐ろしい病気です。

今回はそんなノロウイルスの対策で最も有名な「自亜塩素酸」の作り方と使い方について書いていきたいと思います。

 

ノロウイルス予防には自亜塩素酸!

ノロウイルスというと、激しい下痢や嘔吐などの症状でも有名ですが、再発の可能性やそれの対策が普通の消毒液では難しいことも恐れられている理由のひとつなのではないでしょうか。

そんなノロウイルスの消毒として用いるのが自亜塩素酸。
よく自亜塩素酸とだけ言われたりしますが、正式名称は自亜塩素酸ナトリウムといいます。

普通のアルコール系消毒剤とは違い、ノロウイルスを殺菌することができますが、どんなふうに作るのでしょうか?

 

自亜塩素酸のつくり方と使い方

次亜塩素酸ナトリウムは普段、薬局などで直接購入することができます。
しかし、なかなか普段から常備しておくことは難しいですよね?

でも、心配ありません。次亜塩素酸ナトリウムは所謂プールや塩素系漂白剤にも使われている成分です。そのため、ご家庭では塩素系漂白剤で代用することができます。

 

吐瀉物などがかかったトイレや衣類などを消毒する場合

ノロウイルスが感染した人が吐いてしまうなどということはよくありますが、どんな時の消毒には1000ppmの濃度の次亜塩素酸ナトリウム液を使いましょう。

作り方は簡単。空のペットボトルなどの適当な容器に水1リットルと塩素系漂白剤キャップ2杯分(50ml)を入れるだけです。漏斗などがあると簡単ですね!
(参考:花王株式会社 次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤について教えて

これを雑巾などに染み込ませて汚れたところを拭いていきます。

 

直接手で触れるおもちゃや調理器具などを消毒する場合

直接吐瀉物などがかかっていないおもちゃなどの消毒には200ppmの濃度の次亜塩素酸ナトリウムが適切だと言われています。

こちらのつくり方は、空のペットボトルなどの適当な容器に水5リットルと塩素系漂白剤キャップ2杯分(50ml)を入れるだけです。
勿論、5リットルも消毒剤はいらないのて、適宜調節していきましょう。

こちらも雑巾などに染み込ませて、気になるところを拭いていきましょう。

 

自亜塩素酸の注意点

このように、簡単に作れる次亜塩素酸ナトリウムですが、いくつかポイントがあります。

実は、この次亜塩素酸ナトリウムは実は時間が経つと少しずつ分解されていきます。そのため、古い漂白剤などは使わないほうが良いとされています。

また、消毒液にするために希釈するとさらに分解されやすくなるため、必ず一回使ったら保存せず、その都度作るようにしましょう。

後は、消毒液で拭いた雑巾はきちんとゴミ袋に入れてよく閉じてから捨てるようにしてくださいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今年の新型ノロウイルスは免疫も効かないというタイプだと報道されていますが、手洗い、うがいと自亜塩素酸による消毒で、ノロ知らずな生活を送りましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする