Microsoft OfficeのiOS用がリリース!iPad/iPhoneで使えてアカウントも無料

スポンサーズリンク

 

Microsoft-office-for-iosモバイルでもワードや表計算を見たい、作りたい。そういった希望はかねてからあったものの、意外とそういうソフトがないのが今までの常識だった。しかし、今年11月6日。かねてから日本語版の配布を期待されていた待望のモバイル用Microsoft Officeのアプリがリリースした。それも無料での公開だ。

Word、Excel、Power PointのiOS版が登場

実は、日本版以外はなんと今年3月には135カ国ですでにリリース済みだったこの『Office for iPad』。遅れていた日本版個人向け「Office365」が10月17日に発売されることを受けて、今回のiOS版に踏み切ったのではないかと言われている。

今回のiOS版の特徴はただスマートフォン対応なだけではない。驚くべきことにアカウント取得も無料なのだ。

実はこれまでにもおそらく海外版の『Office for iPad』そのものはダウンロードできたのだが、前述の『Office365』ユーザーでなければ編集できないという制限が存在していた。

しかし、今回の日本版リリースに合わせて、マイクロソフトは編集に関しても『Office365』ユーザー以外も無料で利用できる(要登録)というようにしたのだという。あのOfficeの編集解禁は大きなサプライズとなった。

ちなみに、名前のとおりOffice for iPadは本来iPad専用アプリ。しかし、11月6日のリリースからユニバーサルアプリとなりiPhoneでも利用可能になった。未だ対応していないAndroidタブレットのユーザーに対しても2015年初頭から『Office for Android タブレット』の一般向け提供を行う予定なのだという。

なぜもっと早くOfficeを公開しなかったのかと言いたいほど待ちに待ったアプリだが、その性能はいかがなものだろうか。

各アプリの使い心地は?

そんな今最も熱いアプリを早速使ってみた。
個人的にはWord Excel PowerPointどれも使い勝手が良いというのが感想。

特にWordの方は普通のWordの感覚と全然同じ感覚で使える。

download

勿論、PC版よろしく文字種や挿入など一般的な機能も利用可能。
但し、無料版ではWordであればグラフの挿入など一部の機能が使えない。

IMG_1399

Excelは最も選択が細かいので少し計算しにくいが、複雑なものでなければ意外と表計算も出来る。しかし、流石にマクロを組むことまではできないようだ。但し、すでにファイルにマクロが組まれていればそれを実行することができる。

downloadpp

一番やりにくそうなPowerPointも想像以上に使いやすい。
文字のデザインはWordなどと同じ感覚。テキストボックスの選択や移動なども思ったよりPC並で感覚的に使うことができる。

オフィスソフトの類は基本的に重たいものかと思うが、そうでもない。
私の環境はiPhone5Sだったが、非常にさくさくと使い心地の良いアプリだ。

ちょっとしたドキュメントを纏めたい時などはこれで充分。iPadならより高度なドキュメントを作れそうだ。当然、iPhone,iPadが無線LANにつながっていればドキュメントの印刷もできるのも嬉しい。

ちなみに、プレミアム版は月額1,200円で利用可能。Office365をPCに2台インストールできる上、OneNoteの1TBオンラインストレージ、さらにiOS版で制限されている一部の編集機能の開放などの特典がある。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です