夢の工場併設!?世界最大のスタバがシアトルに誕生!

スポンサーズリンク

この記事は3分で読めます。

IMG_3109-1024x682

スターバックスが発祥したシアトルで、世界最大のスタバが登場したということが話題になっています。その名もReserve Roastery and Tasting Room。ちなみに、社名が入っていないそうです。

店舗のサイズは東京ドームより2000㎡大きい15000㎡。
ただの珈琲店にしてはでかすぎやしませんか。

と、いうのも店舗がでかい理由は単純に客席がでかいわけではなく、なんと今回のスタバ新店舗は焙煎工場付きなのだそうです。焙煎したてのコーヒーを飲めるまさに「コーヒーのテーマパーク」
一体どんなところなのでしょうか?

Reserve Roastery & Tasting Roomの内観

IMG_3093-1024x682

Reserve Roastery & Tasting Roomはその東京ドームほどの広さのほとんどが焙煎工場になっているという特殊な店舗。
焙煎工場も見ることが出来るらしく、青い豆から私たちがよく知る優雅な香りが放たれる茶色いコーヒー豆に焙煎されるまでの工程を見ることができます。

 

IMG_3059-620x413

スターバックスのコーヒーは豆ごとに最高のアロマやフレーバーを楽しむための最適温度になるように焙煎するために、コンピューター制御しているのだとか。

 

IMG_2980-620x413

コーヒー豆がロースターから出されて冷やされる工程。

 

IMG_3104-620x413

金色のパイプを通ってお客さんがいる店舗のコーヒーサイロまで運ばれてきます。

 

IMG_3023-1024x682

コーヒーの入れ方も店舗でなかなか見れないもので、直接目の前で入れてくれます。淹れ方もあなたが選んだ豆に合わせてバリスタがフレンチプレスやケメックス、サイフォンなどといった手法の中で最も適切なものを選んで淹れてくれるようです。なんという贅沢。

 

ここでしか販売されていない特別なアイテム

grinder

ここでしか販売されていない特別なコーヒーグッズもあるようです。

scooper

また、変わったコーヒーフレーバーも用意されているとか。
コーヒーミルやカップ、計量スプーンなどもほかでは見たことないものばかり。
行ってみたい!

図書館やレストランも!

IMG_3135-1024x682

この施設、驚くべきことは図書館やレストランもあります。
スターバックスは基本的に食事メニューはスナックばかりですが、ここでは本格的なレストランも用意されているようです。

レストランで食事をしてからコーヒー片手に本を読むというのは素敵ですね。
コーヒー好きにはたまらない店舗と言えるのではないでしょうか?

2016年にはアジア進出も考えているというこの施設。もしかしたら日本にもやってくるかもしれませんね!

スターバックス・Reserve Roastery & Tasting Roomのアクセス

スターバックスコーヒー™のReserve Roastery & Tasting Roomはアメリカ・シアトルの1箇所だけのようです。

住所は1124 PIKE STREET SEATTLE, WA 98101。
営業時間は現地時間の毎日あさ7時からよる11時までとなっています。

ソース:
STARBACKS RESERVE Reserve Roastery & Tasting Room
GeekWire Starbucks opens massive new coffee palace in Seattle

スポンサードリンク

シェアする

フォローする