ソニーの最新Androidスマホ「Xperia X Performance」は何が違う?

スポンサーズリンク

Xperia X Lime Green PIS Design

 

2月22日、モバイル端末の展示会「Mobile World Congress(MWC) 2016」にて、ソニーが新製品の候補となるAndroidスマートフォン「Xperia X」シリーズを発表して国内でもにわかに話題になっている。その内容とは?

Xperia Xのデザイン

まずはデザインを見てみよう。これが日本で発売予定の「Xperia X Performance」のデザインだ。

Xperia X Performance Colours

従来のXperiaよりも少し丸みを感じるようなデザインになっている。例えば、ボティー正面のガラスが丸みを帯びたカーブガラスに。外周フレームも同様だ。
こうすることによって、従来型のXperiaよりも手のひらになじむようなデザインになっている。

素材も変更点がある。背面の素材がガラス素材からメタル素材に。ホワイトやグラファイトブラックの背面には高級感のあるヘアライン加工などを行っているなど、細かいところにも工夫が見られる。

ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色のカラーバリエーションから選べるようになっておりそれぞれ美しい。

Xperia Xの特徴

新しいカメラがすごい

Xperia XA Black Predictive Hybrid AF

新しいカメラでは被写体の動きを予測することで、正確に被写体を捉え、ブレのない美しい映像の撮影を可能にする「先読みオートフォーカス」機能が実装。
これによって動くモノに対してもより綺麗に撮影することができる。

バッテリーの飛躍的な改良

このXperia X、なんとバッテリーもすごい発展をしてきている。
ソニーのバッテリー技術を結集したこのバッテリーは、最大2日間の長時間バッテリー性能を誇るというのだ。しかも、800回充電OKの上、高速充電機能を持ち、15分のチャージで6時間もつかえるという飛躍的な発展を遂げている。

これはスマートフォン業界で初だというが、15分チャージと長時間利用可能というのはすごい便利だ。

防水・防塵機能(XPERIA X Performanceのみ)

日本で発売されるスマートフォン「Xperia X Performance」には、防水・防塵機能が付いている。ちなみに、今回Performanceと同時に発表された「Xperia XA」「Xperia X」にはついていない機能だという。

 

日本発売予定はXPERIA X Performance

日本で発売されるのはXperia Xシリーズのうち、最上位機種になる「XPERIA X Performance」になっているようだ。

このXperia X Performanceはまだいつ発売されるかについては未定だが、通常の新製品の流れとして、大手キャリアの2016年夏モデルスマートフォンとして登場することが予想される。

日本での正式な発売が待ち遠しい。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする